山とカメラとオカリナと


by 異邦人
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ムラーノ島&ブラーノ島 《イタリア紀行》 ・・・(1921)

 



  イタリアの旅のツアーの最終日、ローマからベネチアへイタリア国内線で行き、ベネチアから直行便で成田へ搭乗する際、国際線アリタリア航空AZ788便が9時間の大幅な遅れとなったため、せっかくイタリアに来て時間がもったいない事から、OPで島のクルージングをすることにツアーの仲間全員一致で決定しました。そのお陰で楽しい旅の締めくくりとなりました。



 皆さん長い間「イタリア紀行」に貴重なコメントを頂きありがとうございました。思い出の旅日記として掲載しました☆彡異邦人のブログも楽しく綴ることが出来ました。これからもよろしくお願いします。






ローマからベネチアまでのフライト、この後、帰国に向けて成田への航空便でまさかの出来事が、・・・・。。
d0274760_851422.jpg


大幅にフライトが遅れたため、思わぬもう一つの旅が出来ました。天候も気持ち良く晴れてます。
d0274760_85175.jpg


そしてムラーノ島へ。ここは伝統ガラス工芸の島(ヴェネツィアンガラスの宝庫)。運河で分かれた大小七つの島からなっている。11月23日の某TV「世界の果て・・イッテQ」で、デヴィ夫人と出川さんが高額鏡の獲得に繰り広げた島です。日本人などはめったに足を運ばない島です。異国情緒な風景にテンションあがります。
d0274760_8513470.jpg


ムラーノ島から約10分程度乗船すると教会の塔が傾いたブラーノ島が近づいて来ました。
d0274760_8513490.jpg


カラフルな町並みには驚いた。歩いているだけでも陽気な気分になります。
d0274760_8515759.jpg


時間は充分有るので島のメインストリートで、今回ツアーで一緒になったHさんと食事です。旅慣れした彼女は一人参加ですが、一緒の食事で美味しかったです。後日この食事などは、航空便遅延のため損害保険で填補されました。ラッキー~。
d0274760_8521147.jpg


カラフルな家は、地元漁師が漁から戻った時、霧の多い海上から自分の家を見分けるためだそうです。洗濯物が干してあって、この光景には和みますよね。また、レース編みで有名なこの島は、継承者育成が盛んとなり伝統が守られているようです。
d0274760_8523990.jpg


ここでもオカリナを吹いてみました。ハロウィンの時期でもあってツアーで知り合った若い女性と戯れです。今回の旅は楽しかったぁ~。満足の旅でした。長い間お付合い頂きありがとうございました。
d0274760_8523919.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
   今日の一曲 / イタリア・小さな村の物語

[PR]
by akr-24 | 2014-11-26 10:01 |