山とカメラとオカリナと


by 異邦人
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スイス紀行⑦・・・(1604)  

 ⑦ゴルナーグラード展望台



 ツェルマットから登山鉄道で、ゴルナーグラード展望台へ約42分の電車の旅です。




スイスの鉄道は古く、鉄路敷設約170年の歴史がある。ゴルナーグラードまでは、全線9キロに渡ってアブト式ラックレールが敷かれている登山電車です。
d0274760_8102752.jpg


車窓からの眺めは、マッターホルンが出迎えてくれているようだ。
d0274760_895533.jpg


マッターホルンの山容が、北壁からだんだん東壁に変化していく。
d0274760_8105131.jpg


ゴルナーグラード駅近くなって、マッターホルンのピークだけが顔を覗かせ圧倒的な迫力だ。
d0274760_8231245.jpg


ゴルナグラード駅(標高:3089m)に到着。
d0274760_8101848.jpg


爽やかな風が流れ、空気が薄いような気はするが清々しく美味しい。
d0274760_8111056.jpg


展望台を備えたホテルからは、マッターホルンの雄姿が美しいです。
d0274760_8103826.jpg


更に展望台の上に登ると、大パノラマが広がり、名峰が連なる山容に魅せられました。
d0274760_8112812.jpg


観光客や登山者などは、しばし眺めを堪能する。360度の景観は素晴らしく予想以上の景観です。
d0274760_8105524.jpg


振り返れば、左側の双耳峰に見える右側の山は、モンテローザ(4634m)ヨーロッパ第二の標高とその右下にはグレンツェ氷河。その右上にリスカム(4527m)が聳えている。
d0274760_8115714.jpg

[PR]
by akr-24 | 2013-07-28 08:59 |