山とカメラとオカリナと


by 異邦人
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

雪山登山《2》・・・(1756)


 好天に恵まれた雪山登山。思ったよりは雪が深いところもあったのでスノーシューを持ってこなかったことに後悔をしたが、トレースがしっかりして圧雪されていたのでアイゼンで大丈夫だった。






まるで初夏を思わせる様な好天気に、爽やかな空気が美味しい。
d0274760_9194730.jpg


汗を掻きながらアルバイトしていくと、風が少し出て来た。やっと峠の茶屋付近まで来ると、噴火口を伴う山頂部近くだけあって雪は融けて岩場がむき出している。雪渓を直登して来たのでアイゼンがかなり役に立った。
d0274760_920142.jpg


アイゼンを外したり装着したりを繰り返したが、ここから先は難所のアイスバーンとなっている直登だ。
d0274760_9201478.jpg


9時に丸山温泉駐車場を出発して13時に山頂へ。雪渓を直登したので思ったより早く登頂できた。
d0274760_9202822.jpg


山頂からの景色を堪能し、噴煙を横に見ながら下山へ向かう。山頂には雪がないので、好天でも雪崩の心配はなかった。
d0274760_9204356.jpg


ここは氷河で削られた後の様なコルとなっていて、ここからの眺めは最高だ。ここから真っ直ぐに進んで下山だ。
d0274760_9205799.jpg


16時に鹿の湯温泉掛け流しに浸かり、今日一日の雪山登山の疲れを癒しました。
d0274760_9211486.jpg

                                                ~ Fin ~
[PR]
by akr-24 | 2014-03-08 09:52 | 山行