人気ブログランキング |

山とカメラとオカリナと


by 異邦人
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ローマ① 《イタリア紀行》 ・・・(1920)


 ” すべての道はローマに通ず ” と言われたローマ
ローマ帝国時代から政治・経済の中心で街全体が文化遺産と言われるほど多くの遺産があり、古代ロマンを感じさせ、見所いっぱいのイタリアの首都です。






建物は、築350年は新しい方で450年から500年ものが未だ現存していて、地面を掘れば遺跡が出てくるので、地下鉄やビルの改築など工事が進まない現状のようです。駐車場もないので道路に駐車は当たり前、二列三列の駐車もあった。
d0274760_8312627.jpg


☆彡異邦人が見学した日は、日曜日なので映画のローマの休日(主演:オードリーヘップバーン)のように古代遺跡と芸術の巨大都市を散策しました。
d0274760_8312560.jpg


ここは、海神トリトンの顔をした井戸の蓋として利用されていた「真実の口」がある教会です。6世紀に建てられたサンタ・マリア・イン・コスメディン教会で、左の鉄格子の中の柱廊にある。
d0274760_8314987.jpg


ローマ市にある警察署。警察は113番。消防は115番だ。
d0274760_8315243.jpg


ここ「ローマの休日」の舞台となった(上段からの眺め)スペイン広場。残念ながらトレビの泉など大工事のため、噴水などに囲いがあって水もないため、添乗員さんの配慮により夜間廻ることにした。その分、他の場所の遺跡などの見学が出来た。
d0274760_8321874.jpg

☆彡異邦人が選ぶ名曲をお贈りしています。
   今日の一曲 / ローマの休日

by akr-24 | 2014-11-12 09:09 |